Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

ガス欠の一日

昨晩深夜嫁さんに促されて主治医への要望をまとめた手紙を書き上げ朝一で嫁さんにナースセンターに届けてもらうように用意する。父の容態と、受け入れる母の状態を書く。
また地域包括支援センターに連絡入れてもらえるよう再三再四母に頼みやっと面会が実現、この日の午後3時半となった、嫁さんに同席してもらう。
都合医師と支援センターの担当者と嫁さんに会ってもらうことが出来た。
父とは母どう思っているのだろうか。

広告を非表示にする