Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

ダークナイト

NHK BSプレミアムにて視聴。
話のテンポがやたらと早い。それでも全体では2時間を越える152分という上映時間なのだから、編集はかなり凝ったもの。演出は全編緊張感の切れることなく前のめりに観ていると視聴後はどっと疲労感に覆われる。
純粋悪としてのジョーカーと純粋に正義でありたい人間、バットマンの苦悩。バットマンはジョーカーとの闘いに負けるわけにいかず判事殺しの汚名を被ることを選び映画は終わる。続編を想定したような終わり方だがこのストーリー自体にもハリウッド映画らしいカタルシスを感じる終わり方が無く、このような終わり方にならざるを得ないのだな、と思った。
ジョーカー役のヒース・レジャーが圧倒的。以前はジャック・ニコルソンも演じたジョーカーだがそれに比類いや凌駕するほどの快演。この作が遺作となったようだが、すでに人間の視点を越えた立ち位置のように演じていた。
現代のアメリカでしか作れない映画だと思う。そういう点でも今という時代を映しこんだ傑作だと思う。

広告を非表示にする