Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

週末徒然

29日、金曜日。夕方地域包括支援センターに行く。母の担当の方は朝電話して不在と云うことは知っていたのだが、資料を幾つか用意して貰ったのでそれを受取りに。また応対してくれた男性(先々週も会った)に介護保険について質問があった。介護する側の自分のような立場の人たちの会がないか聞いて探してもらうこととした。
その後マクドナルドでコーヒーを飲みながら資料に目を通す。近所でも色々と始っている。面白そうだし母も行ったらいいと思うのだが、今すぐこれを誘っても拒否されてしまうだろうと思った。しばらく冷却期間をおいた方が良さそうだ。
帰宅するも誰も居ない。既に暗くなっているのでカーテンを閉める。嫁さんの仕事場の同僚が出産をしたというので自宅に行っているという。然しながらもの寂しい夕暮れ時。
30日、軽く頭痛で目が覚める最悪の目覚め。寝不足。昼前からジョギング。海岸線を西に10kmほど走る。不思議なもので走っているうちに頭痛は消えていった。午後2時帰宅。しかしかなり躯は疲れていてシャワーで無く風呂に入る。だるさで横になってしまう。夕方までにしたかったこともあったが動けない。夕方はレストランの予約を入れているのでそれまでに復活しないとと云う思いもあり他の予定は先送り。
午後6時、少し遅刻したがレストランに到着。30分ほど横になっていて回復してきていた。しかし外は冬のような寒さ。セーターを着込んだ。珍しくフルコースのフレンチだ。ワインもボトルで赤を飲むことにした。上のお嬢はもう飲めるからね。
お嬢たちはほぼ初めてのフォアグラにも挑戦した。そうそうお嬢たちはキノコ系の食材が駄目ということを事前に申し上げていたので調整してくれたが、フォアグラのソースにトリュフが入っていたが美味しく食べていた。カウンター越しのオープンキッチンだが話も楽しく時間を持て余すこと無く間を持たせていた。
結局食事は3時間を越えて9時半過ぎにデザートまで美味しく頂いた。ごちそうさま。3人とはいえお嬢とワインボトルを空けるようになるとは時間が経ったものだ。
31日。二日酔い気味。午後ジョギング。寒さは引き続き冬のようで少し薄日が差してきたので走りに出る。海岸線の橋の気温計は10℃で、風もあり体感は7、8度か。しかしそのお陰で桜は未だ散らずに残っているところが多い。これなら入学式に間に合うかもしれない。
帰宅してシャワーしてひと息入れて実家の母の様子を見に行く。
行って直ぐ慌てている母。なんと家の中に外から野良猫が入って来てしまったと云うのだ。にわかに信じ難いことなのだが、お嬢、嫁さんも近くで母の云う特徴のある猫を見ているので本当なのかもしれない。この辺りどの程度信じれば良いのか難しいところだ。
夕飯はショッピングセンターで回転寿司。リニューアルオープンということで期待して行ったのだがあまり芳しくない。最新のシステム導入が中途半端な感じがした。ネタは良いんだけどね。
その後買い物。食料品の買い出しをして帰宅。午後9時を回ってしまった。明日から4月と云うことで身構えているのかなかなか寝付けない。夜更かししてしまう。

広告を非表示にする