Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

週末徒然

先週は金曜日に体調不良で仕事を休む。朝6時で泥のような重い躯を引き摺ってトイレ。壁につかまりながらである。

布団に戻って入ろうとしたら脚をつってしまった。痛くて眠気が一気に飛んだ。

その後も躯が重く疲労感が酷い。昼前に一旦起きたが午后また横になってしまう。

13日、土曜日。金曜日よりは良い。お嬢は何時も通り7時前に家を出ている。立派だ。ぼくも一旦起きたが二度寝9時起床。10時の母の診察に間に合うように実家へクルマででかける。


母は木曜日、金曜日とご近所の夫婦に伊豆に旅行に連れて行ってもらった。金曜日に戻ってから連絡が無いのが不満だったのだ。旅行前日、水曜日には夜直接会いに行って薬の件等伝えたのに。

10時前に病院到着。しかし駐車場がいっぱいで暫くうろうろ。母には先に待合室へ行ってもらう。

旅行の件、旅行に持って行くはずだったパーカーなどが何処かに行ってしまい見つから無くなってしまったこと等を記録した連絡帳を渡す。

いつも通り5分ほどで終了。

薬局が病院併設のところが閉鎖したとのことで新しい薬局へ行くことになった。初回なので問診票を書かねばならず面倒である。薬が薬局に在庫が4週間分無く、足りない分は届けてくれるという。また待合室でC1000タケダのビンを配ったり、ティッシュペーパーの引換券をくれたりやたらサービスが良い。関係する病院が無い為だろうか。


帰りにホームセンターに寄り春の野菜の苗を購入。庭で育てて貰おうと思う。昼食は少し早めに回転寿司。恒例となりつつある。

実家まで母を送り届ける。この時点で午後1時。未だ早いので久しぶりに洗車することにした。何時以来か思い出せないくらい。黄砂、PM2.5、そして先週の爆弾低気圧の汐風、桜の花びらなどを浴びたボディを丁寧にシャンプーして行く。陽射しは強いが風があり肌寒さは感じる中、手早く拭き取り帰宅。


近所の幼稚園の一般公開を見に行く。受付で記帳するも大学の建築学科や、設計関係の人がいっぱいで驚く。NHKでも特集されていた設計士なので注目されているのだろう。その場で偶然にも高校のサッカー部の後輩に声をかけられる。20数年ぶりだろうか。彼も建築関係だそうで興味があったらしい。


帰宅後ジョギング。少々疲れていたが先週1回しか走れなかったので長めに藤沢、引き地川沿いに江ノ島鵠沼海岸迄ジョギング。しかし風が酷く体感温度がかなり下がる。辻堂で缶酎―ハイを飲んでしまう。6時前未だ明るいうちに帰宅。陽が延びたものだ。

今日は少々頑張りすぎたかもしれない。

14日、日曜日。9時起床。お嬢たちは寝坊。パソコンをおじりつつ、午前中に軽めに走ることにした。義父宅を目指してジョギング。先日ビデオのPCへの取り込みで質問を受けたこと、WindowsXPEOSLの件を説明しようと思ったが不在。軽めのジョギングのはずだが、脚を伸ばして見知らぬ道に入り込んで11km弱。未だまだ知らない道があるものだ。


シャワーを浴びて遅いブランチ。

ふと友人宅にメールすると在宅しているというので話をしに行くことにした。1月以来の再開か。バーのマスターが気にしていたこと、昨日の建築物のこと、後輩のこと、母のこと等を話す。

午後5時帰宅。

お嬢が大学の実習で使うものを買いに文房具屋へ行く。母も誘ってクルマで行くことにした。夕飯はお嬢のリクエストで焼肉。ちょっとヘビーだった。疲れが溜まる感じがした。なんとかせねば。

広告を非表示にする