Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

週末徒然

嫁さんに、食事は何が良いと聞かれて、胸がいっぱいだよ。というと苦笑い。
この週末は大きく揺さぶられることはなかったものの低調だったかな。それでもBBQの調整役はこなせたこと、物憶え、認知に改善がみられるような気がして来たことは良かった。
24日、金曜。母が学生時代の友人が地元まで来ると云うことで食事会を店に予約していた。それが無事終わったかどうか嫁さんに電話して聞いてもらえるよう頼んだのだが、直ぐに聞くのは母を傷つけることにもなりかねないとのことで止めにした。週末に話をする中で何気なく聞いてみることで良いのではというものだった。
25日、土曜日。曇り、お嬢は大学。いつも通り起床。只就寝時間が遅め。寝付きに手間がかかる印象。
この日は午後高校時代の友人たちとBBQ。梅雨になる前海岸線の人も少し減ってきた頃に設定をした。当初の予定では午後1時からだったのだが、朝一の先輩からのメールで午前11時から始めるとのこと。慌てて手午前中ビールサーバの時間変更の確認。正午友人と魚介類の買い出し。さざえにするめいか、そして魚屋お勧めの北海道の白貝。ビールサーバが来るまでのビール補充し海岸線に行く。意外に人が少ない。当然居ない訳ではないがGWには祭りの露天商のようにテントやらタープが並んでいたのだが、ポツリポツリと点在していただけ。いつもいつも装備はお世話になりっ放しのA先輩。日除けのタープを建てて待っていてくれた。奥様が午前中はパンの教室とのことで遅れて来ると云う。我が家もお嬢が大学、嫁さんが病院とそれぞれ予定が有り午后過ぎに来ることを伝える。友人のKは奥さんは泊まりで出張中とのことで一人参加。そこに先輩Kの4家族とこじんまりとしたBBQだった。
陽射しは雲の合間から時折り降り注ぐ程度でそれほど暑くなく風もまずまず穏やかで食べ物が砂をかぶることも無く丁度いい感じだったと思う。それでもビールは当初7Lを注文していたが、直ぐに無くなり追加で7Lを取り寄せした。次回は人数もあるが15Lは有っても良いだろうか。
リラックスしたゆったりとした時間を過ごせた。6時撤収開始。7時駐車場で解散。良い時間配分だったかもしれない。
お嬢たちは食事が足らなかったらしく、坦々麺を自宅で食べていた。
26日、日曜。10時義父がハワイ土産を持参して訪問。ちょっと朝が早過ぎ。特にお嬢は毎日6時起床だからもう少し寝坊したかったろう。コーチの財布をおねだりしていたが、それそのものは無かったようだが新作を買ってきてくれた。いつも通り義父が挽いたコーヒー豆、顔写真付きも頂く。
午后懸案だった実家の母の様子を見に行くことでどうするか相談。家事等色々残っていたが、自分は早めに行きたいと云う思いとジョギングもしたいことがあり先に走って行くことにした。後から嫁さんとお嬢が自転車で行くということになった。僕は極力落ち着いて話すことにし、詳しい話は嫁さんたちに聞いて貰うことにした。実家には1時過ぎ訪問。元気そうではあった。昨日の食事会のことは軽く聞くことだけにして家庭菜園の方に話をもっていった。これが一番話題としては混乱することも無く穏やかに話せる。帰り際母から近所の人の勧めでスポーツクラブを変えようかと云う話を聞いた。元々僕らもそれを勧めていたのだが一人新しいクラブに行くことは躊躇していた。こちらとしてはまず場所が近く、裏道を自転車で移動するのは心配。施設も新しくインストラクターも多いクラブの方が良いと思っていた。前々から勧めていた訳だから賛成である。現在のクラブとの契約解除の手続きをきちんとして貰うよう伝えて家を後にした。
ジョギング再開。先ほどのスポーツクラブ前を通る。駅周辺をぐるっと回って江ノ島を目指す。かなり暑い。BBQがこんな天気で無くて良かった。子供はぐったりしてしまったろう。江ノ島鵠沼海岸まで走り、ターンして海岸線を西へ。辻堂海浜公園まつりを少し眺めてジョギング再開。トータル16Km弱。汗びっしょり、コットンのTシャツは汗で躯にへばりついて不快だ。早速シャワーを浴びる。既にお嬢と嫁さんは母に会いに行って帰って来ていた。色々話を聞いてくれたそうだ。有難い。洗濯ものを取りこんで駅まで買い物に出かけると云うことになったが、僕は疲労で自宅待機。ただクリーニングを取りに行くことを頼まれた。これがかなり大量。冬物コート、セーターで自転車の籠いっぱいで済まず、ハンドルにも掛けて持って帰る。
その後は独り横になってしまった。
夕食はつけ麺を軽めに食す。良くある魚系の和風出汁だがまずまず。意外に焼豚が美味しかった。
月曜から5時起床となる。お嬢の幼稚園実習が始まるのだ。その前の準備をして午前1時就寝。然しなかなか寝付けず。これは要改善だ。

広告を非表示にする