Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

献血、母の実家

昨日ニュースで献血された血液を輸血した患者がAIDSに感染したという報道があった。
献血の受付過程で繰り返し感染症の可能性、検査目的ついて注意喚起しているので、明らかに確信犯と思う今回のケースは性善説を前提にした献血制度では防止は難しいだろう。
という訳で献血をして来たが、何だが何時もより空いていたような気がした。看護師さんもその話題には全く触れず。話題にし難いのは分かるけどね。
その後ふとした思いつきで母の実家、自分にとってお爺さん、お婆さんの家の跡地に行ってみた。既に家は引っ越しており、貸し駐車場になっている。実家が引っ越して15、6年になるだろうか。母が覚えているか分からなかったが回りの写真を何枚か撮っておいた。近くに公園はおじいちゃんと遊びに行った想い出が甦った。

広告を非表示にする