Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

*[徒然]連休徒然

先週、11日辺りから体調がおかしい。頭痛に焦燥感が出ていた。11日は仕事を休んでしまい、12日も吐き気が有り午前休んだ。午后自分が主催する会議が有りどうしても行かねばならず躯を引き摺るようにして仕事に出た。
仕事が終わり帰宅したがやはり調子はおかしく、薬を飲んで早めに床に着くも眠れなかった。3時前に床を出て酒を飲むも寝られず朝を迎えてしまった。徹夜である。睡眠導入剤を飲んでいるのに効かないとは初めてだった。
13日、土曜日はそのまま朝病院へ向かった。マクドナルドで珈琲を飲んだ。9時前で空いていた。早く行ったものの待合室は混んでいて2時間ほど待った。医師にそのこと、徹夜になってしまったことを話したが処方はもう少し様子をみることとした。この週は上司が早期退職に応募したことが知らされ、ショックだったこと。また、同僚から職場でのいじめの相談を受けたことなどがあった。将来に渡っての漠然とした不安も絶えず感じる中でのことが影響を与えていたのだろうか。
帰宅後、午後はダルさでゴロゴロとしていた。友人から夜軽く近所で飲まないかと誘いを受けた。なんとなくOKした。躯的には厳しいのだが、少しでも話をしてみたい気がしたのだ。お嬢と嫁さんは買い物に出かけると云う。セールをしているとのことであった。上のお嬢は土曜日仕事であったが早上がりで後から合流するという。自分は暫く横になって休んでいた。然しそれだけだと自分が駄目になってしまうような気持ちがふつふつと湧いてきた。元気が出て来たのかもしれない。軽く汗を流しておきたかったのでジョギングを軽くすることにした。手早く家の戸締りをして海岸線に出る。雲が多く涼しい秋の夕方。然し西の空には黒い雲が広がり出してきた。西に向かい市の境で折り返し8㎞ほど走ったが復路はかなりの雨に降られた。家に着くころはとっぷりと暗くなっていた。暗い部屋に一人入り、シャワーを浴び友人にメールをした。土砂降りに雷と飲むのは難しい、延期するかと打診した。しかし友人の病院では雨は降っていないという。
午後7時半過ぎ嫁さんとお嬢たちが帰って来た。雨に濡れている。大分雨は止んできたそうだがやはり雨は降っていた。それが友人との約束の8時過ぎにはすっかりと上がって星まで出て来ていた。結局友人とは近所で飲むことにした。前回と同じ店。ここは全面禁煙で煙草を吸わないぼくと友人には飲み屋で臭いが付かないのは助かる。それに落ち着いている雰囲気も良い。
この日は親の事や家族の事を色々話した。病気や介護もだ。それは自分自身の将来についても含まれている。友人も院長としての責任を下ろしたいそうだ。
午後11時半前に散会。ビール(スタウト)2杯に、ジントニック2杯と軽く飲んで帰宅。流石にこの日は眠れた。
14日、日曜8時半起床。もっと寝ていようとも思ったが起きてしまった。朝から快晴。上のお嬢は大学時代のクラブの公演に向けての練習で朝から大学へ行った。午后ジョギング。炎天下と云えたが体調は悪くないので走ることとした。流石に陽射しは強いものの日影の風は気持ち良い。13㎞ほど走る。帰宅してシャワー。暫く横になって休憩。1時間ほどして実家の母に連絡。夕食を食べることにした。練習に行ったお嬢は早めに帰宅すると云う連絡があったので合流して行くことにした。目当ての和食の店は準備中とかで入れず、これで2回目だ。恐らく板前さんが少なくなって店が回せなくなっているのではないかと思う。近くの漁師料理の店に入る。いつも店の前は通るが入るのは初めて。民宿のような作りだったが、食事はなかなか美味しくしっかりと刺身、寿司、揚げ物を楽しくいただけて皆満足だった。その分値段は張ったが。母を実家に届け、お嬢が旅行で使ったカバンを押し入れに戻して帰宅。いつもよりも早く8時には帰宅出来た。寝るのに少し時間がかかった。
15日、5時起床。この日は駅前駐輪場の定期券申込書の配布の日。5時半家を出て駅に向かう。休日と云うのに皆よく集まる。地下に二列で列を作りひたすら待つ。6時前申込書配布開始。お嬢たちの分も含めて3枚入手。帰りにセブンイレブンに寄ってアイスコーヒーを買って帰り、テーブルでゆっくりとのみ薬を飲んで二度寝11時再度起床。本当は10時に起きるつもりだったが遅くなった。この日、月曜日は母の通所デイサービスの日である。見学に行くことにしていた。独り自転車で向かう。晴れているが雲が多い。ケアセンターに着くと昼食の前の準備中だった。口の周りの運動をしていた。母はこちらに気が付いたか分からない。入口に居る自分から一番離れた奥に居た。然し周りの人と楽し気に話していることは看て取れた。この日は敬老の日と云うこともあり、お昼は豪勢だったらしい。秋刀魚の蒲焼丼、しらすのかき揚げ、茶そば、月見とろろに抹茶のゼリー。途中食事を喉に詰まらせたらしく痛みを訴えるお爺さんが居て一瞬緊張が走る。背中をさすられて幾つか吐き出していたが無事だったようだ。学生さんらしい実習生が二人いて、職員と間違われた。食事が終わることセンターを後にした。担当のケアマネージャーさんは不在だったが突然来たので仕方ない。
嫁さんからメールで食料品を買い出しに行くと云うので自転車で合流することにした。曇りがちだが蒸している。生協で嫁さん、お嬢と合流した。その後帰宅後飲料水を3箱買い出しを頼まれクルマで改めて買い出しへ。その他御遣いもあり疲れてしまった。休憩後自転車で散歩に出る。ジョギングだと疲労を残しそうだったからだ。途中ラーメン屋に寄ってしまった。前回寄った時はスープの味が落ちていてがっかりしたのでそれが“ブレ”だったのか確認したい気持ちが強く気になっていた。結果スープは以前の美味しさであった。チャーシューも厚く旨みが有り柔らかく文句なし。しかし夕食前に食べ過ぎだったと反省もしてしまった。
こういう日に限って夕飯は焼肉。食べたいがお腹は半ば一杯。苦しい。夕食後風呂でたっぷりと汗を流してカロリー消費に努めたが後の祭りか。睡眠はここ数日では一番意外にも気持ち良く出来た。
広告を非表示にする