Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

週末徒然

--22日
朝、9時起床。下のお嬢は土曜日も実習で外出。
朝一でこの日夕方の上のお嬢の卒業記念コンサートの待ち合わせ時間を母に連絡する。ちょっと不安だったので昼にもう一度駄目押しで実家に行くことにする。
ケアセンターに母の介護保険証の更新されたものを持って行く。予定より少し早く着いた。いま自転車のパンク修理中で出来あがった旨の連絡は貰っていたのだが、朝一番に自転車屋さんに行けば、代車と交換出来ただろう。センターでデイサービスの様子を見学。母にこの中に入れというのは難しい気がした。ケアマネージャーさんも同様の意見で別のデイサービスを探して貰うことにした。また、ここ数週の母の状況について説明。自分の面談のような感じさえした。
打合せ面談のテーブルの横にサーバが2台ある。富士通のデスクトップサーバでRAID組んである。保健サービス向けのパッケージソフトが入っている模様。
介護保険証をコピーし、ケアセンターを出てから実家に行く。介護保険証を戻すためだ。母は先週自分が保険証を預かったことをすっかり忘れている。水曜日には無くしたと思い込んでケアマネージャーさんに再発行の依頼をしたほど。状況を察したケアマネージャーさんがぼくにその旨確認してくれて大ごとにならずに済んだ経緯が有る。
新しい介護保険証を戻し、ついでに古い介護保険証を処分するので出してと母に告げる。しかし何処にあるのかまた分からなくなっている。色々家の中を捜したが出てこない。一人で慌てて訳が分からなくなっている。モノを出しても元に戻さないのでぐしゃぐしゃになっている。これでは新たに見つからないものが出てしまう。思わずシッカリして、と云ってしまう。しまったと思ったがその後母は泣き出し、死んでしまいたいと言い出した。死ぬなんていい加減なことを言うな、死んだらぼくが迷惑だと言ってしまいまた火に油を注いでしまう。結局いつも通りの悪いパターンに入ってしまった。仕舞に卒業コンサートにも行かないと言い出して困り果てる。息子である自分を困らせないで欲しいとお願いしなんとか丸く収めたような感じ。
急ぎ、帰宅。途中昼食の惣菜、メンチカツ、コロッケを買う。2時半前駅に向かう。母の最寄り駅で待ち合わせ。いつも同じ場所にする。無事待ち合わせ出来安ど。コンサート会場に向かう。この日は初めての会場で深川の半蔵門線清澄白河駅近くのミニホール。2時間の公演だった。卒業生と在校生、OBが手伝ったアットホームな寸劇ありコントありのラスト公演。きっと良い思い出になったろう。
終演後お嬢と会い写真を何枚か撮り打ち上げが有るお嬢を残して嫁さんと母と3人で帰路に着く。
渋谷でヒカリエに寄って実習中のお嬢にお土産を買う。マカロンの種類が非常に多く感じた。色々見たがうちもマカロンの詰合せになった。その後3人で寿司を食べて22時過ぎ帰宅。お嬢は終電近くに帰宅。
--23日
9時起床。だが曇り空で寒く二度寝してしまう。11時起床。ブランチを食べて義理の父宅に行く。タブレットのACアダプタの説明と雪で汚れたクルマの洗車をさせてもらうためだ。その途中駐輪券の購入を済ませておいた。
義父宅は市内の北部にあり北側には小さな山とゴルフ場が近い。そのせいか先週の雪がかなり残っている。洗車の前に軽く雪かきをすることから始まる。住宅街の道は脇に残雪がうず高く盛られていて一台クルマを停車するともうクルマが横を通ることが出来ないほどなのだった。
先週は16日、一日だけ母の様子を見に行った際にクルマは使っただけだが結構汚れていた。シャンプーは使わず水をたっぷりかけて汚れを落とし綺麗に水を拭き取ることだけにした。まだまだCPペイントシーラントは効果がある。
その後お茶を飲みながらお嬢の就職について話し、母の状況について話をして帰宅。
ジョギングしたかったが先に自転車の修理を取りに行くことにした。いつもと違うイオンの中の自転車店。初めての利用だったが、依頼したタイヤチューブ、タイヤ自体の交換だけでなく、割れた泥除けを前後交換もしてくれた。廃棄用の自転車からのパーツ転用だそうだがそれでも遥かに綺麗でしっかりしたものになっていて感激である。何度も感謝を伝えて支払い。泥除け代は入っていなかったのでまたびっくり。後輪タイヤが擦り切れるほど乗った自転車だが未だ未だ行けそうだ。
そういうこともあり午后4時過ぎたのでジョギングは諦め軽めに江ノ島迄サイクリングとした。陽が落ち風を切って走ると寒さが募る。然し、ギアの調子も良くなっており空気圧もばっちり高めになってて漕いでいて気持ち良い。家に戻ったのは19時少し前だった。

広告を非表示にする