Killing Time 2nd

備忘録、日々の徒然想いを残します。

三省パソコン、ACS-CX700M来る!

昨日やっと、遂にACS-CX700Mが届いた。楽天で購入依頼をしたのが6月2日、三省パソコンからメールで注文確認が来たのが6月4日、入金したのが6月5日。21日以内に配送とのことだったので7月に入り催促メールをしたときにはちょっと嫌な予感もしたのだが、昨日到着した。一応注文確認メールにあったように事前に配送メールは届いていた。製造元の台湾から直接配送かと思ったが、配送元は都内。電源は液晶モニター(やはり緊急用途しか使えない程度の画質)と本体別々に分かれている。がしかし本体にはモニターに分岐させるケーブルも附属していた。梱包は簡潔であるが充分、そんなに安っぽい感じはしない。ただ同胞品にハードウエアに関するものは全く無く、この辺り玄人志向どころの話ではない。何しろ梱包リスト自体無いし、前面パネルの外し方(まぁ、実際は簡単だけど)から前面、背面端子の説明、HDDの内蔵の仕方等々全く無い。唯一投げ込みチラシとして、OS附属モデル用の注意書きがOSは購入していないぼくのモデルにも入っていたくらい。
事前に用意していた2.5インチ HDDを内蔵する方法だが、前面のプラスチック製のパネルを上下のフックを外すだけ。そうするとコンパクトフラッシュ用のスリットが表れる。その横にステンレスのハンドル付きHDD用のトレイがある。このハンドルはちゃんとスプリング付きでしっかりしているもののトレイは中にレールがあるわけではなくここの奥にあるSATAコネクタにしっかりと挟み込むのはちょっと試行錯誤した。
詳細はまた次回。
おっとこれだけは書いておこう。BIOS設定画面には起動時に[DEL]キーを押すこと。普通はF2とかだが、ACS-CX700Mは[DEL]キーなのでお忘れなく!